【モバマスSS】肇「私なりの色を」

64pt   2018-10-11 13:00
SSなび

2: 名無しさん@おーぷん 2018/10/08(月)00:23:28 ID:A3B
 土をこねることは幸せだ。自分のとりとめのない想いを一つの形にして、誰かに受け取って貰える。私の人生を彩っていたただ一つのこと。
 おじいちゃんは厳しくて、簡単に認めてくれない。でも指導に不満を覚えたことは無かった。おじいちゃんはいつだって正しいし、私も妥協なんてしたくなかった。
 友達はあまり多くはない。そして趣味の話を共有できる友達は一人としていない。
 私とおじいちゃん。世間からまるで離されたように限定されたこの空間で。
 それでも。
 私は確かに幸せだった。

 ……。

 あの時までは。


「どうした肇?」
 おじいちゃんが私の顔を覗き込む。
 いつも通り陶工の時間になり、私はろくろと向き合った。
 最近は上手く行かず、怒られることが多くなってしまっていた。壁に当たっている、と言うのだろうか。でも何度も味わってきたことだから。
 だから、私は今度も大丈夫、なんて思っていた。
 この失敗の連続は成長に繋がるんだって。私は停滞なんてしていないって。
 くるくると回る土はどんどん歪になっていく。
 わかっている。大丈夫。
 おじいちゃんにはまだ納得してもらえないかもしれないけど、私なりのものは作れるはず。
 だから、大丈夫。
 心で唱えても。
 頭ではわかっていても。
 手は震え、指は止まり。
 遂には、腕に力が入らなくなり。
 土は歪な形のまま、その場を回り続けていた。

「体調が悪いのか?」

「……違うよ」

「じゃあどうしたっていうんだ」

 わからない。
 そんなこと私にもわからない。
 わからないよ。
 どうして? なんで?
 
 
 私はこの時、幸せを失った。
3: 名無しさん@おーぷん 2018/10/08(月)00:49:24 ID:A3B
   暇つぶしアンテナトップページへ
の話題が沢山。