【変わんねーだろw】「韓国の「殺虫剤卵」は危険性は低いが、中国産の食品は危険」 朝鮮日報

39pt   2017-10-13 11:44
まるっとニュー速

1: らむちゃん ★ 2017/10/06(金) 20:11:59.32 ID:CAP_USER 朝鮮日報2017年10月6日 5時8分
http://news.livedoor.com/article/detail/13710486/

 「腐っているものがないか目で確かめ、鼻でもかいで、まずは五感で確認します」


 韓国・仁川南港の埠頭(ふとう)近くにある冷蔵倉庫では9月12日、前日に運び込まれた中国産キムチ2400箱が山積みになっていた。京仁地方食薬庁の検査官が包装されたキムチのうち5箱を手際よく開けた。食品医薬品安全処(食薬処)による検査方式は▲倉庫で現物をチェックする現場検査▲輸入申告書が基準を満たしているか調べる書類検査▲検体を集め、残留農薬などを分析する精密検査??などに分かれる。しかし、人手や予算の問題で精密検査まで行う割合は全体の23%(昨年時点)にすぎない。残る77%に「防腐剤キムチ」などの問題食品が含まれていた場合、それが国民の食卓に上る可能性がある。国産よりも安い中国産キムチは2014年に21万2644トン、15年に22万4048トン、16年に25万3973トンと輸入が増えている。


■鶏卵から基準値の2800倍の細菌検出

 中国産食品の問題はこれまでも続発していた。2008年にはメラミン粉ミルク、05年にはまたカイトグリーンを含むウナギと寄生虫卵キムチ、00年には鉛を含むワタリガニが問題となった。韓国ギャラップが先月、成人1004人を調査した結果、「中国産食品は安全だ」との回答は7%にとどまった。実際に中国産食品の問題は現在進行形だ。


 食薬処のポータルサイト「食品安全の国」に公開された中国産の「不適合」食品の内訳を見ると、今月8日に輸入された味付け卵から、基準値の2800倍の細菌が検出された。7月に輸入された中国産の味付け済みエゴマの葉からは大腸菌が基準値の32倍検出された。食薬処の発表によれば、最近明らかになった「殺虫剤卵」は一度に126個食べても問題がないほど危険性は低いが、それよりも危険な食品が韓国に輸入されかけたことになる。済州大医学部のイ・グンファ教授は「大腸菌が多く検出されたのは、製品の衛生管理がなされていないことを示している。病原性大腸菌の場合、出血性腸炎や溶血性尿毒症症候群など致命的な感染を引き起こすこともあり得る」と警告した。

(全文は配信先で読んでください)

引用元: ・【韓国】今も韓国に流入する中国産汚染食品、今月8日に輸入された味付け卵から、基準値の2800倍の細菌が検出された。

c?ro=1&act=rss&output=no&id=6191972&name
   暇つぶしアンテナトップページへ
の話題が沢山。